INPITのタイムスタンプ保管サービス

工業所有権情報・研修館(INPIT)は、経済産業省所管の独立行政法人であり、特許公報等の閲覧サービスを提供する機関です。

「INPIT」は「インピット」と読みます。

このINPITが、2017年3月からタイムスタンプ保管サービスを開始します。なお、このブログの公開日では、未だスタートしてないようです。

(参考)
INPITウェブサイト
タイムスタンプ保管サービスについて
http://www.inpit.go.jp/katsuyo/tradesecret/ts.html
(別ウィンドウが開きます。)

まず、電子文書の日付を確保する手段としては、電子公証制度とタイムスタンプとがあります。

電子公証制度は、電子公証事務を行う公証人が電子文書の認証と日付情報の付与を行う制度であり、公証人のうち法務大臣によって特に指定された「指定公証人」で対応してくれます。

一方、タイムスタンプは、民間業者が電子文書に日付(時刻)を付すサービスです。時刻認証業務認定事業者(TSA)は、デジタル署名を使用する方式が5者、アーカイビング方式が1者、認定されています。

(参考)
タイムビジネス認定センターウェブサイト
認定事業者一覧
http://www.dekyo.or.jp/tb/list/index.html
(別ウィンドウが開きます。)

タイムスタンプ自体は既に知られたサービスです。

INPITはそのタイムスタンプのコピーを預かり、保管システムで預かった期間を証明する預入証明書をタイムスタンプに付けて、利用者の求めに応じて提供するという事業を行います。

タイムスタンプの発行サービス自体は上記の事業者によって有料ですが、INPITの保管サービスは無料です。

概要は以下のようになっているようです。
・利用時間は平日の8時~19時。
・保管期間は10年。延長も可能。
・保管中のタイムスタンプは何度でもダウンロード可能。
・タイムスタンプの検索可能
・タイムスタンプに関するメモを付けることができる
・複数のタイムスタンプをまとめて預け入れ可能
・アカウント間でタイムスタンプの移管が可能
など。

タイムスタンプの改ざん防止、長期間の安定的なバックアップ、係争時の「日付」の立証負担の軽減などが期待できるということです。

(3/24追記)
3月27日からログイン・アカウント作成が可能になることが発表されました。
経済産業省ウェブサイト
「タイムスタンプ保管サービス」の提供を開始します~電子文書の存在証明の「鍵」をお預かりします~
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170324001/20170324001.html
(別ウィンドウが開きます。)

ログイン・アカウント作成ページ
https://www.tss.inpit.go.jp/web/tssa01/sctssz990101
注;3月27日からアクセス可能になります。
(別ウィンドウが開きます。)