特許表示

「特許出願中」や「特許取得済」等のように、製品について特許権を取得しようとしていること、あるいは特許権を取得したことを、製品のパッケージ等に記載しているものがあります。

特許法では、「特許表示を附するように努めなければならない」という規定があります(特許法第187条)。その物が特許権の対象ですよ、と明示することで、権利侵害を未然に防ぐ効果を狙っています。なお、実用新案、意匠、商標についても同じです。

「努めなければならない」とありますように、訓示規定です。特許表示は義務ではなく、違反しても罰則等の制限はありません。

表示方法については、「特許法第187条の特許表示は、物の特許発明にあっては「特許」の文字およびその特許番号とし、物を生産する方法の特許発明にあっては「方法特許」の文字およびその特許番号とする」と具体的に定められています(特許法施行規則第68条)。

つまり、正しい表記は、物の特許発明は「特許第〇〇〇〇号」となり、物を生産する方法の特許発明は「方法特許第〇〇〇〇号」となります。

「特許取得済」や「特許登録済」等の表記は、’法律上’は正しい特許表示ではありませんが、製品について何らかの特許権が取得されていることは分かります。「PAT.」と表記されているものもあります。

なお、「特許出願中」や「特許申請中」等の表記は特許出願を行った状態であり、特許権が付与されているわけではありません。もちろん、特許表示ではありません。

注意点は、特許に係る物以外の物又はその物の包装に特許表示やこれと紛らわしい表示を行う等をすると、虚偽表示として、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処されます(特許法第188条、198条)。

特許権者であっても、虚偽表示を行うと罰せられます。

製品のアピールポイントの一つとして、「特許」という文字が需要者に与える印象をどのように利用するかは販売者の考えるところですが、経済的効果を得ようと無茶をすると経済的制裁を受けますので、程々がよろしいかと思います。