商標をどうすることが「商標の使用」に該当するのか

商標権者などのように、登録商標の使用をする権利を有する者は、登録商標を「使用」することができます。

登録商標の使用をする権利を有しない者は、登録商標及びこれに類似する商標を「使用」することはできません。「使用」すると、権利の侵害になります。

では、商標の「使用」とは、どういう行為なのでしょうか。

商標法には、使用行為の対象等と使用内容について、2条3項1号から10号までの10項目の定義が規定されています。各号に対応する具体的な例をみてみましょう。

1号 商品又は商品の包装に標章を付する行為 ◯商品「かばん」に商標を表示する行為(付する行為)
2号 商品又は商品の包装に標章を付したものを譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは引渡しのために展示し、輸出し、輸入し、又は電気通信回線を通じて提供する行為 ◯1号の「かばん」を販売する行為(譲渡、引き渡し)
◯1号の「かばん」を店内に陳列する行為(展示)
◯1号の「かばん」を輸出あるいは輸入する行為
◯1号の「かばん」をインターネットを通じて販売する行為(電気通信回線を通じて提供)
3号 役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物(譲渡し、又は貸し渡す物を含む。以下同じ。)に標章を付する行為 ◯飲食店が客用のグラスに商標を表示する行為(役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物に標章を付する行為)
◯飲食店がテイクアウト用の容器に商標を表示する行為(その提供を受ける者の利用に供する物:譲渡する物)
◯レンタサイクルに、そのレンタサイクル会社の商標を表示する行為(その提供を受ける者の利用に供する物:貸し渡す物)
4号 役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物に標章を付したものを用いて役務を提供する行為 ◯飲食店が客用のグラスを使って営業する行為(標章を付したものを用いて役務を提供する行為)
◯レンタサイクル会社がレンタサイクルを用いて営業する行為
5号 役務の提供の用に供する物(役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物を含む。以下同じ。)に標章を付したものを役務の提供のために展示する行為 ◯飲食店がコーヒーサーバに商標を付して店内に展示する行為(役務の提供の用に供する物を役務の提供のために展示する行為)
◯飲食店が食器(役務の提供に当たりその提供を受ける者の利用に供する物)に商標を付して棚に展示する行為
6号 役務の提供に当たりその提供を受ける者の当該役務の提供に係る物に標章を付する行為 ◯クリーニング店が、クリーニング後の衣類に商標が付されたシールを貼る行為
7号 電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。次号において同じ。)により行う映像面を介した役務の提供に当たりその映像面に標章を表示して役務を提供する行為 ◯テレビの映像面を介して通信販売を行う際に商標を表示する行為
◯インターネットの映像面を介して通信販売を行う際に商標を表示する行為
8号 商品若しくは役務に関する広告、価格表若しくは取引書類に標章を付して展示し、若しくは頒布し、又はこれらを内容とする情報に標章を付して電磁的方法により提供する行為 ◯商品やサービスの広告に商標を付する行為(商品若しくは役務に関する広告、価格表、取引書類に標章を付して展示し、若しくは頒布する行為)
◯インターネットの広告に商標を付する行為(又はこれらを内容とする情報に標章を付して電磁的方法により提供する行為)
9号 音の標章にあつては、前各号に掲げるもののほか、商品の譲渡若しくは引渡し又は役務の提供のために音の標章を発する行為 ◯小売店舗で音の商標を流す行為
10号 前各号に掲げるもののほか、政令で定める行為 ◯新商標の保護対象が拡大した場合に、商標の使用の定義も政令で手当てできるようにするための定義

登録商標を使用する行為は、登録商標の使用をする権利を有する者も、それ以外の者も、気を使う行為です。

自己の登録商標が第三者に使用されていると思われる場合や、自己の商標の使用が他人の登録商標の使用に該当すると警告を受けている場合など、使用についての判断が必要な場合はまずは弁理士に相談されるのが良いかと思います。