商標登録表示

商標法では、「その商標にその商標が登録商標である旨の表示を付するように努めなければならない」と規定されています(商標法第73条)。

「努めなければならない」とありますように、訓示規定です。商標登録表示は義務ではなく、違反しても罰則等の制限はありません。

表示方法については、「商標法第73条の商標登録表示は、「登録商標」の文字及びその登録番号又は国際登録の番号とする」と具体的に定められています(商標法施行規則第17条)。よって、法律上の正しい表記は、「登録商標第〇〇〇〇号」となります。

しかしながら、「登録商標第〇〇〇〇号」という表記はあまり見かけません。世の中で多く見かける表示は、「○にR」のマーク(®マーク)です。
20171222_IMG-081420171222_IMG-081520171222_IMG-1041

Rマークは、アメリカ特許商標庁登録商標を表しています。“Registered in U.S. Patent and Trademark Office”若しくは“Reg. U.S.Pat. & Tm. Off.”の意味です。つまり、アメリカで登録されている商標です。もちろん、他の国でも登録されている可能性があります。

(参考)特許庁 外国産業財産権制度相談事例集 210,211ページ Q11
https://www.jpo.go.jp/index/kokusai_doukou/iprsupport/info/pdf/20180301-shuryou/01.pdf

アメリカでは、Rマークの表示を行わなかったことによって、他人が自分の商標を使用したことによる損害賠償の請求を行うことができなくなります。

日本ではRマークを付することは義務ではありません。但し、登録商標以外の商標について商標登録表示やこれと紛らわしい表示を付する等の行為を行うと、虚偽表示として、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処されますので(商標法第74条、80条)、注意が必要です。虚偽表示に対する罰則は、多くの国で採用されているようです。

自分が使用している商標が登録商標であることを示す表記としては、Rマークの他に、文章で明記する方式があります。
20171222_IMG-1048

Rマークや文章表記のように、商標が登録商標であることを示すことの最大の効果は商標を普通名称化させないようにすることです。つまり、誰でも使える言葉(識別力の無い語)にしないようにすることです。図形商標も同じです。商標は登録してからの希釈化の防止が重要です。

他方、TMマークやSMマークがあります。

「TM」は、“Trademark”(商品等に付される標章)の略称、「SM」は、“Servicemark”(役務等に付される標章)の略称です。これらのマークもアメリカ特許商標庁において定められたものです。

「TM」や「SM」を使用するための商標登録の必要はありません。出願中であることも必要ありません。さらに、その主張の有効性も担保されません。つまり、商標であることの権利行使もできませんし、マークを付けていたとしても他の商標権者から権利侵害で訴えられる可能性があります。

TMマークの例としては、以下のものがあります。
20171222_TM

オリンピック・パラリンピックの東京2020大会エンブレムにもTMマークが使用されています。(https://tokyo2020.jp/jp/

その他、
LenovoTM (レノボ)
F1TM
AndroidTM (Google)
SupersonicTM (dyson)
などがあります。

商標登録されているものと、TMマークとして用いられているものと、を比較すると面白いです。

レノボ(LenovoTM)の場合、登録商標は、
20171222_4719475(登録第4719475号)
20171222_1299513(国際登録第1299513号)
です。最初の文字が、商標の場合は小文字のエル、TMマークのものは大文字のエルになっています。下の国際登録は、最初の文字が大文字であり、上の登録商標よりも文字の太さが細いです。

グーグル(AndroidTM )の場合、登録商標は、「ANDROID」(登録第5132404号)です。全て大文字です。TMマークのものは最初の文字が大文字で後に続く文字は全て小文字です。

ダイソン(SupersonicTM )の場合、登録商標は、
20171222_1301389(国際登録第1301389号)
です。商標は全て大文字、TMマークのものは最初の文字が大文字で後に続く文字は全て小文字です。グーグルと同じパターンですね。

図形商標でも、RマークとTMマークを区別しているものがあります。

スターバックスの場合、登録商標は、
20171222_5232548(登録第5232548号)
です。

TMマークがついているものは、図形商標の一部です。
20171222_starbuckstm

このように、RマークとTMマークを使い分けている企業は多々あります。何を商標登録して、何を標章として使用しているのか。その違いを意識して見てみると面白いかと思います。

SMマークの例としては、以下のものがあります。
20171222_SM-1070

やはり、日本では、TMマークは多く見かけても、SMマークは見かけることが少ないです。

(商標の画像は特許情報プラットフォームより引用)