「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標」は、どこまでなら回避できるか

「極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標」は、識別力が無いとして拒絶され、登録できません。

「極めて簡単で、かつ、ありふれた」というのは、例えば、1本の線、ローマ字1字または2字、数字などです。

(参考)特許庁ウェブサイト 商標審査基準 3条1項5号
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/syouhyou_kijun/09_3-1-5.pdf

商標審査基準には、「極めて簡単で、かつ、ありふれた」例が記載されていますが、これらの例に該当するかどうかの線引きは実際は難しいです。そこで、特許庁の審判あるいは裁判で判断された例をいくつかご紹介します。

<登録できなかった例>
●本願商標「CQ10」
審決では、
「一般に、欧文字1字又は2字・数字等で組み合わせたものが、商品、役務の品番、等級、質等を表示するための記号・符号として商取引上類型的に採択使用されている実情があり、本願指定役務を取り扱う業界においても例外ではない。」
と判断され、登録できませんでした。(不服2006-009995)

●本願商標「CR-250NN」
審決では、
「欧文字2文字と数字を、「-」(ハイフン)を用いて組み合わせた標章は、一般に商品の規格、型式又は品番等を表示するための記号・符号の一類型として、本願指定商品を含む各種商品について、取引上普通に採択・使用されているのが実情である。」
と判断され、登録できませんでした。(不服2007-006439)

●本願商標「20171208_10019
判決では、
「セリフを持つ書体で欧文字を表すことは一般的に行われており(甲1),欧文字「i」をセリフ書体で表す場合に,縦線部に対して一定の太さを持つセリフにより表すことも通常行われている(乙1~乙3)。また,「i」の上部の点を四角形とすることについても,しばしば行われているといえる(乙3)。さらに,四角形の点と一定の太さのセリフを兼ね備えた書体(例えば,「Memphis」書体。乙3~乙5)も存在する。そして,色彩も,看者をして通常の黄緑色の範囲内であると認識させるものを,単色で用いているにすぎず,本願の指定役務を提供する業界においても,緑色を基調とする色彩は広く用いられている(乙6~乙19)。」
と判示され、登録できませんでした。(知財高判H27(行ケ)10019)

<登録できた例>
○本願商標「N2H2」
審決では、
「本願商標は、前示したとおりローマ文字と算用数字とを交互に配列した構成よりなるものであって、その文字配列は普通に採択され、使用されているものとはいい得ないものであり、極めて簡単で、かつ、ありふれた標章と判断することはできない。」
と判断され、登録されました。(不服2003-007856)

○本願商標「LJ100」
審決では、
「構成各文字は、同書、同大で外観上まとまりよく一体的に表されているものである。そして、前記のとおり一体的に表された構成態様よりなる「LJ100」の文字が、本願の指定商品の分野において、商品の品番、等級等を表示する記号、符号として、取引上、普通に使用されているという事実も見出せない。」
と判断され、登録されました。(不服2007-009876、登録第511346号)

○本願商標「20171108_005791747
審決では、
「淡い青色の太い線で、角の丸い正三角形を描いたものと認められる。しかして、当該図形を全体としてみるに、太い線で表されている三角形は、その3つの角が、いずれも外側よりも、内側の角が鋭角になるように表されており、外側の角が丸みを帯びていることにより、バランス良く安定した印象を与える一種特有な図形よりなるものとみるのが相当である。また、職権による調査によっても、当該図形が輪郭等として普通に採択、使用されている事実も見出せない。」
と判断され、登録されました。(不服2015-006576、登録第5791747号)

登録できなかったものとしては、総じて、標準文字での出願が多いという印象です。また、品番、形式、規格を表示するための記号や符号であると判断されると登録は難しいようです。

他に、「20171208_20034385」(不服2003-004385)や「20171208_200729718」(不服2007-029718)のように、1文字でも図案化されたものがありますが、図案化の程度が低いとして登録は認められていません。

一方、登録できたものとしては、1文字や2文字だとしても、装飾的であったり、より図案化されたものが多いという印象です。

例えば「20171208_200118341」(不服2001-18341)や「20171208_20046408」(不服2004-006408)は、確かにローマ字1文字ですが、これらのように特殊な図形として認識され、識別標識として機能すると判断されれば、登録は可能なようです。

結局のところ、何が良くて何が駄目なのかは、拒絶無しの登録例、審決例、判例から傾向を見ることになると思います。