メッセナゴヤ2017

先日、ポートメッセなごやで開催されたメッセナゴヤ2017の次世代自動車フォーラム2017に行ってきました。
20171115_1
講演内容は、燃料電池自動車と予防安全技術についてでした。来年も興味のあるテーマがあれば参加したいと思います。

さて、自動車産業の未来は、様々なところで客観的あるいは主観的に語られる永遠のテーマですが、世界の自動車市場はどのようになっているのでしょうか。

近年の自動車の市場はアジアが非常に伸びています。特に、中国での自動車販売が伸びた結果であると考えられます。
20171115_2
(出典:特許行政年次報告書2017年版〈本編〉)

また、自動車の世界市場規模は今後も伸びていくと考えられています。
20171115_3
(出典:特許行政年次報告書2017年版〈本編〉)

その一つの要因は、IoT(Internet of Things)技術、ビッグデータ、AIが関連する第四次産業革命であると考えられます。自動車に関するIoT関連技術の特許出願は年々増加しています。
20171115_4
(出典:特許行政年次報告書2017年版〈本編〉)

技術は積み重なって発展していくことを考えると、自動車に関するIoT関連技術は今後も伸びていくはずです。
20171115_5
(出典:特許行政年次報告書2017年版〈本編〉)

自動車は、インターネットに繋がっていて当たり前、ビッグデータを活用したナビゲーションが当たり前、AIが判断する自動運転が当たり前というように、現在とは全く違う乗り物になっていくと、自分は考えています。