青本備忘録~特許法第64条~

本条について;
出願公開について規定したものである。

趣旨;
審査の遅延により、出願された発明の内容が長期間公表されず、そのため、企業活動を不安定にし、また重複研究、重複投資を招いているという弊害を除去することである。

出願公開の時期を特許出願の日から1年6月とした理由;
優先権主張を伴う特許出願とそうでない特許出願とを平等に扱わねばならないため、出願公開の時期を第一国出願から起算することにした。そうすると、優先権証明書の提出期間が第一国出願から1年4月(43条2項)であり、それに出願公開の準備期間を考慮すると公開できる最も早い時期が1年6月ということになる。また早期公開制度を採用している諸外国がいずれも1年6月で公開していることもある。

出願公開の対象について;
出願公開の対象となるものは、特許掲載公報が発行されていない特許出願である。

3項について;
提出された要約書に記載した事項を技術情報として有効に機能させるためには、短い期間内に速やかにその質を一定水準以上にする必要があるため、要約書に記載した事項に不備がある場合には、当該事項に代えて、特許庁長官は、自ら作成した事項を特許公報に掲載することができることとした。