家紋からなる商標登録出願の取扱い

特許庁が「家紋からなる商標登録出願の取扱い」を商標審査便覧に追加しました。

(参考)
特許庁ウェブサイト
42.107 第4条第1項第7号 42.107.06 家紋からなる商標登録出願の取扱い
https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/syouhyoubin/42_107_06.pdf

家紋の商標については、特許庁は伝統的な家紋(戦国時代の武家の家紋、神紋、社紋、寺紋、宗紋等2)を対象に審査する、とのことです。
(2 神紋、社紋、寺紋及び宗紋は、通常は家紋とは異なるものとして定義されているが、本取扱いでは便宜上家紋の一種として取り扱う)

理由は、結論だけ引用しますと、「伝統的な家紋と関係ない第三者が商標登録を受け、独占的に使用することは社会公共の利益に反し、社会の一般道徳観念に反するため適当ではない。」とのことです。

ウィキペディアによると、戦国時代は15世紀末から16世紀末にかけて戦乱が頻発した時代区分とのことです。また、家紋は平安時代(794年から1192年頃)から公家によって使われ始めたとあり、戦国時代前から使われている家紋もあるようです。

戦国時代を除いた時代の家紋等はどういう取扱いになるのでしょうか。これまで通り、識別力さえあれば第三者が商標登録を受けて独占的に使用しても構わない、となるのでしょうか。

伝統的な家紋等の線引きが非常に難しいのではないかと思いました。


商標は出願してから何日で登録可能か

商標は、特許とは異なり、出願後に審査請求しなくても順次審査されていきます。

特許庁からは、審査の順番が定期的に発表されています。

(参考)
特許庁ウェブサイト
商標登録出願に関する審査着手予定等
https://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/cyakusyu.htm

例えば、指定商品が食品に関する出願の場合、平成29年1月に出願されたものは、平成29年7月に着手予定となります。

大まかに、出願してから約6ヶ月で審査されると示されています。

実際には、下記の表にありますように、出願から審査官による審査結果の最初の通知が発送されるまでの期間は、年平均で4~5ヶ月程度となっております。
20170808_1
(出典:特許行政年次報告書2017年版〈統計・資料編〉)

統計によりますと、最初の通知が登録査定の通知の場合、出願から4~5ヶ月で登録可能となっています。

一方、最初の通知が拒絶理由通知書の場合、特許庁に手続補正書や意見書を提出する等の対応を行うため、登録までさらに2ヶ月前後の時間が掛かります。

発表されている統計は年平均ですので、出願から最初の通知まで3ヶ月程度の場合もあります。登録までの期間は案件毎に異なるため、実際に処理してみないとわかりません。

ところで、他人が自己の未出願の商標を使用している場合、他人の行為を中止させることができません。

このような場合、自己の商標の早期権利化が望ましいわけですが、特許庁では商標登録出願について一定条件を満たす場合は早期審査を実施しています。

(参考)
特許庁ウェブサイト
商標早期審査・早期審理の概要
https://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/souki/shkouhou.htm

2016年では、2210件の早期審査の申出があり、申出から審査官による審査結果の最初の通知が発送されるまでの期間は平均で1.8ヶ月でした。
20170808_2
(出典:特許行政年次報告書2017年版〈統計・資料編〉)

早期審査の申出により、商標登録出願の審査期間はさらに短くなります。早期審査は条件をクリアする必要がありますが、早期権利化の有効な手段です。

なお、早期審査は出願済みの商標についても対象になっていますが、近年認められた新しいタイプの商標(動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、音商標及び位置商標) については早期審査の対象外です。