授業参観

先週末、子供(小2)が通う小学校に授業参観に行ってきた。

国語の授業で先生が「人の話を聞くときに気をつけることは?」と質問をした。これに対し、「静かに聞く」、「話している人の顔を見る」といった答えが出た後、「目と耳と心と体で聞きます」と答えた子がいたのには驚いてしまった。


インターネット出願用の電子証明書

インターネット出願に必要な電子証明書の有効期限が迫ってきました。

前回電子証明書を取得したのは、事務所開設時です。有効期限27ヶ月の電子証明書を取得したので、気がつけば事務所開設から2年以上たったことになります。

「あっという間の2年だったなあ」と思い出に浸っていたいところですが、電子証明書の有効期限が切れるとインターネット出願ソフトで特許庁への接続ができなくなり、業務に多大な支障がでますので、早急に新しい電子証明書を取得する必要があります。

かいせい特許事務所は法人代理をしていますので、法人用電子証明書を取得する必要あります。法人用の電子証明書は、法務省電子認証登記所が発行するファイルタイプのみです。

以前所属した事務所での経験も合わせると、法人用電子証明書を取得するのは3回目ですので、手続はスムーズに行うことができました。以下、覚え書きとして手順を記載します。

(1)「商業登記電子認証ソフト」のダウンロード

まずは、法務省電子認証登記所Webサイトから「商業登記電子認証ソフト」のダウンロードします。

(2)電子証明書申請に必要なファイルの作成

「商業登記電子認証ソフト」を使って電子証明書申請に必要なファイルを作成します。作成するファイルは、鍵ペアファイル証明書発行申請書ファイルの2種類で、鍵ペアファイルはUSBメモリ等に保存して手元で保管し、証明書発行申請書ファイルはFDまたはCD-Rに保存して法務局に持って行きます。

申請書も作成されるので、必要事項を記入して代表者印を押印します。

(3)電子証明書の申請手続

法務局に行って電子証明書の申請手続をします。申請書、法務局印鑑カード、証明書発行申請書ファイルを保存したCD-Rを持参して法務局に行きます。

電子証明書の発行手数料は有効期限によって異なりますが、27ヶ月なら16,900円分の収入印紙が必要です。

(4)電子証明書のダウンロード

「商業登記電子認証ソフト」を使って電子証明書をダウンロードします。ダウンロードした電子証明書は、USBメモリ等に保存します。

(5)電子証明書のインポート

新たに取得した電子証明書をインターネット出願ソフトにインポートします。電子証明書のインポートは、インターネット出願ソフトの「申請人情報・証明書管理ツール」を使います。

インポートに成功すれば、インターネット出願ソフトを起動すると、新たに取得した電子証明書が選択可能になります。

次に電子証明書を取得する頃は、かいせい特許事務所はどんな感じになっているでしょうか?


今年もよろしくお願いします

20140106-155808.jpg

冬休みに長野県の開田高原に行ってきました。好天に恵まれ、御嶽山がきれいに見えました。

かいせい特許事務所は本日から平常通り営業しております。本年もよろしくお願いします。


終業式

昨日(12月20日)、小学校の終業式があったようです。

子供が2学期一日も休まなかったということで、担任の先生が作ってくれた賞状をもらってきた。1学期も賞状をもらい、それがうれしかったようで、「2学期も賞状が欲しいから休みたくない」と言っていた。2学期も楽しみにしていた賞状を無事もらうことができ、喜んでいました。


合格祝賀会

20131205-095339.jpg

昨日、私の所属する東海春秋会の弁理士試験合格祝賀会がありました。

合格者の皆さん、合格おめでとうございます。

幹事の皆さん、お疲れ様でした。


ほっとレモン

平成25年8月28日に「ほっとレモン」についての知財高裁の判決が出ました(平成24年(行ケ)第10352号)。

本件商標は、指定商品は第32類「レモンを加味した清涼飲料,レモンを加味した果実飲料」で、手続きの経緯は以下の通りです。

平成21年12月 1日 商標出願(商願2009-90724)
平成23年 7月22日 商標登録(登録第5427470号)
平成23年10月21日 異議申立
平成24年 9月 4日 取消決定

判決では、商標法3条1項3号(商品の・・・品質,原材料・・・を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標)に該当すると認定した上で、商標法3条2項については、「商品の出所識別機能を有するに至ったとすることはできない。」として、適用を否定しています。

そして、「ほっとレモン」のうち「ほっと」の部分について、
「・・・③『ホットレモン』との語が,レモン果汁を入れた温かい飲料又はレモン風味の味付けをした温かい飲料を意味するものとして定着していると認められること,
④平仮名『ほっと』については,本件商標の指定商品を含む清涼飲料・果実飲料においては,『ほっとドリンクゆず』,『ほっとカシス』,『ほっとりんご』,『ほっとアセロラ』,『ほっと金柑』,『ほっと梅』,『ほっとアップル』,『ほっとゼリー』,『ほっとゆずれもん』,『ほっとグレープフルーツ』が販売され,『ほっと』と『果物等の素材』とを組み合わせた文字は,当該商品が果物等の素材を原材料とし,あるいは加味した,温かい清涼飲料・果実飲料であることを示す語として普通に使用されていることから,需要者は,上記のように認識,理解していると解するのが合理的であること,・・・」と認定しています。


サプリメント

ちょっと古いネタですが、覚え書きとして書いておきます。

平成24年1月1日から、いわゆる健康食品を指定商品として商標出願する際に、第5類「サプリメント」で商標出願できるようになりました。

これまでは、「ビタミンCを主成分とした液状の加工食品」のように、主原料と形状を特定した加工食品として記載する必要があり、商品区分は主原料の種類によって第29類や第30類等を指定していましたが、これが第5類「サプリメント」という包括的な表記が可能になりました。

健康食品としての飲料も第5類「サプリメント」に含まれることになりますが、商品(例えばビタミン入り飲料)によっては、「サプリメント」か、通常の飲料かを区別しにくい場合もあると考えられます。このため、出願費用との兼ね合いになりますが、飲料の商品区分でも出願しておくのが無難だと思われます。


他社が商標登録している場合

自己の商品に使用している商標Aとよく似た商標Bを他社が商標登録していることを知った場合の対処方法について説明します。

(1)まず、他社の登録商標Bの登録内容を調べます。登録商標Bの登録内容は、特許庁電子図書館(IPDL)を利用して、商標登録番号や商標名、商標権者名等から調べることができます。

商標権の存続期間は、商標登録日から10年間(更新可能)です。存続期間が満了している場合には、商標権は消滅しています。

(2)次に、登録商標Bの指定商品(指定役務)について調べます。商標権は、登録商標と同一又は類似の商標を指定商品(指定役務)と同一又は類似の商品(役務)に使用する行為に及びます。ここでは、使用中の商標Aが登録商標Bに類似しているという想定ですので、商標Aを使用している商品が登録商標Bの指定商品に含まれているかどうかに注意します。

登録商標Bの指定商品に商標Aを使用している商品が含まれていない場合には、商標Aを使用する行為は、登録商標Bの権利範囲には入らず、商標権侵害とはなりません。一方、登録商標Bの指定商品に商標Aを使用している商品が含まれている場合には、商標Aを使用する行為は、登録商標Bの権利範囲に入り、基本的に商標権侵害となります。

(3)次に、登録商標Bの出願日を調べます。登録商標Bの出願日より前から商標Aを使用していた場合には、商標Aを自己の商品に使用する行為が登録商標Bの権利範囲に入っている場合でも、商標Aを継続して使用できる可能性があります。

商標Aを継続して使用するための条件としては、
・登録商標Bの出願日前から商標Aを日本国内で使用していること、
・その使用が不正競争の目的でないこと、
・登録商標Bの出願の際、商標Aが自己の業務に係る商品を表示するものとして需要者に周知になっていること、
が必要となります。


夏休み中の特許事務所

20130816-124352.jpg

今日は夏休み中ですが、先行して夏休みを取得した私は仕事です。

昨日までは、私と同じように夏休みをずらした人や休みでも仕事をしている人がいましたが、今日は一人です。

必要なところしか照明をつけていないので、部屋の中もちょっと暗めです。

本来なら仕事に集中できる環境なのですが、集中力が続きません。


夏休み終了

20130802-122851.jpg

北海道旅行から帰ってきて、いつものように仕事をしています。すでに今年の夏休みは消化したので、8月はひたすら仕事です。

まぎらわしいタイトルですが、夏休み終了したのは私だけで、事務所本来の夏休みはこれからです。

かいせい特許事務所では、正規の夏休み期間も設定されていますが、多少ずらすこともできるので(もちろん業務に支障がない範囲ですが)、旅行には便利です。


美瑛

北海道の続きです。

美瑛で中国からの旅行者を多く見かけた。レンタカーを使って自由旅行をしている人が多いようだった。

美瑛ではユースホステルが併設されているペンションに泊まった。

出発の際、受け付けの女性が「いってらっしゃい」と言った。着いた時に「おかえりなさい」、出る時に「いってらっしゃい」というユースの伝統を思い出させ、懐かしかった。