商標登録のQ&A

区分とは何ですか?
指定商品、指定役務とは何ですか?

区分とは、商品や役務(サービス)の内容を第1類から第45類までの45のグループに分類したものです。類とも言います。

指定商品、指定役務とは、各区分における商標の使用をする商品・役務のことです。

出願の際には、商標をどの区分の商品あるいは役務に使用するのかを願書に記載します。


斬新なネーミングを思い付きました。
商売で使うつもりはないのですが、誰かに使われたくないです。
商標登録できますか?

原則、できません。

出願の段階では、審査官は願書を通じて使用意思を判断することは難しいです。

しかし、願書に記載された指定商品又は指定役務について、商標の使用及び使用の意思があることに「合理的な疑義がある場合」は、拒絶されます。

使用意思を証明することができなければ、商標登録できません。


類似群コードとは何ですか?

特許庁では、出願に係る商標の指定商品又は指定役務と他人の先願先登録の商標の指定商品又は指定役務との類否を「類似商品・役務審査基準」に基づいて判断します。

「類似商品・役務審査基準」は、似ている商品、又は、似ている役務をグループ化し、同じグループに属する商品群又は役務群は、原則として、類似する商品又は役務であると推定します。

各グループの商品又は役務には、数字とアルファベットの組み合わせからなる五桁の共通コードが付されています。このコードが「類似群コード」です。

同じ類似群コードが付された商品及び役務については、原則類似するものと推定されます。

例えば、第7類の「家庭用食器洗浄機」には「11A06」の類似群コードが付され、第8類の「電気アイロン」には「11A06」の類似群コードが付されています。つまり、「家庭用食器洗浄機」と「電気アイロン」は類似する商品であると判断されます。


地模様は商標登録できますか?

できる場合と、できない場合があります。

地模様であっても、特徴的な形態が見いだされれば自他商品の識別機能を有する場合があります。

例えば、伊勢丹の紙袋のチェック柄は商標登録されました(商標登録第5241411号、第5293869号)。


子会社の先願先登録の商標が存在することによって 親会社である我が社の出願が拒絶されますか?

拒絶されません。

出願人と引用商標権者との間に支配関係がある場合、「出願に係る商標が登録を受けることについて引用商標権者が了承している旨の証拠」を提出した場合、子会社は4条1項11号の「他人」に該当しません。

親会社の先願先登録の商標が存在しても、子会社の出願が親会社の登録を引用して拒絶されることもありません。

ただし、兄弟会社については拒絶されます。

「標準文字」とは何ですか?

商標が文字のみから構成される場合、特許庁長官があらかじめ定めた文字書体によって商標を登録するための文字です。

以下の商標は標準文字による出願とは認められません。
(イ) 図形のみの商標、図形と文字の結合商標
(ロ) 指定文字以外の文字を含む商標
(ハ) 文字数の制限30文字を超える文字数(スペースも文字数に加える。) からなる商標
(ニ) 縦書きの商標、2段以上の構成からなる商標
(ホ) ポイントの異なる文字を含む商標
(ヘ) 色彩を付した商標
(ト) 文字の一部が図形的に、又は異なる書体で記載されている商標
(チ) 花文字等特殊文字、草書体等特殊書体等で記載された商標
(リ) 上記(イ)ないし(チ)以外のものであって、記載文字が容易に特定できない商標


1つの商標を、多種多様な商品に使用する計画です。
使用する可能性がある商品から、使用するかどうか微妙な商品もあります。
とりあえず出願しておいて、商標登録することはできますか?

商品の数が多い場合、商標の使用または商標の使用の意思が確認される場合があります。1区分内で付与されている類似群コードの数が23以上の場合は「広範な範囲」と判断され、使用意思が確認されます。

使用するかどうか微妙な商品について、使用意思があることを証明できなければ、その商品について商標登録できません。


歌手名からなる商標は登録できますか?

できません。

商標が需要者に歌手名または音楽グループ名として広く認識されている場合には、その商品の「品質」を表示するものと判断されます。

よって、商標登録できません。


心に響くキャッチフレーズを考えました。
商標登録できますか?

できる場合と、できない場合があります。

標語、キャッチフレーズだからという観点で拒絶の該当性を判断するのではなく、出所識別力の有無で判断されます。


商標の使用を続けた結果、全国的な認識に至りました。
出願は使用商標と完全に同一の商標しか認められませんか?

出願商標と使用商標との間の同一性が、厳密な一致でなく、外観上の差異の程度や指定商品・指定役務の取引の実情によって、一定の幅が有り得ます。

例えば、コカ・コーラの瓶の立体的形状(商標登録第5225619号)や、『あずきバー』(商標登録第5580635号)は商標登録されました。


文化遺産の名称を先取りして商標登録することはできますか?

できません。

歴史的・文化的・伝統的価値のある標章(例えば、建築物の名称等)は各地域にとっても、一つの地域資源、観光資源となり得るものであり、その名称や外観等を利用した地域興し等も盛んに行われています。

そのため、無関係な第三者がこのような商標を出願した場合は拒絶されます。