特許・実用新案登録

かいせい特許事務所は、お客様の発明・アイデアの権利に関する『わからない』を解消します。

新製品・新サービスの開発において、他製品・他サービスとの差別化の一つが技術的な創作です。新技術の「何」が他製品との差別化になるのか、差別化部分が何の権利になるのか、どのように権利化するのか。これらは、重要な勘所です。

「特許権・実用新案権を取得すること」は他社との差別化の一つです。しかし、製品・サービスに「特許出願中」あるいは「実用新案登録出願中」と記載することだけでも、一つの差別化になります。その出願が権利化に至らなかったとしても、次の技術的な創作が新たな差別化を生み出します。

当事務所の弁理士が、お客様の新技術を差別化するためにお手伝いいたします。

以下の各業務に対応可能です。
・発明・アイデアに関する出願の相談
・特許出願明細書の作成、実用新案登録出願明細書の作成
・特許出願の出願審査請求
・拒絶応答(意見書、補正書の作成)
・特許異議申し立て請求
・拒絶査定不服審判、無効審判、訂正審判の請求
・PCT(特許協力条約)出願
・特許権、実用新案権の管理
・特許権侵害の警告

私たちの3つの特徴

1. 私たちは、発明・アイデアの発掘、深掘りを得意としています。

お客様の発明品、アイデア品がお客様の思考の範囲で留まってしまうことが起こり得ます。これは、お客様が発明品、アイデア品の分野において専門家でいらっしゃるからこそです。

私たちは、これまでに蓄積してきた技術的な知識と広範な知見によって、様々な角度から発明品、アイデア品を見ることができます。お客様の思考の範囲から外れた視点から、新たな発明を発掘することを得意としています。

また、知識・知見だけでなく、大量の権利化の過程で試行錯誤を繰り返した経験から、お客様の発明・アイデアをさらに掘り下げることを得意としています。お客様が想像もし得なかった発明・アイデアのバリエーションを提供します。

2. 私たちは、機械、電気、化学材料に関する発明・アイデアの権利化を得意としています。

特に、『熱をコントロールする技術』、『物理量を検出する技術』、『化学材料を応用する技術』に特化しています。

熱をコントロールする技術
物理量を検出する技術
化学材料を応用する技術

3. お客様にとって本当に役に立つ権利の取得を得意としています。

権利は、お客様の事業を継続するために機能し、他社の参入を阻止する参入障壁として機能してこそ価値があります。

私たちは、自動車部品に関する発明・アイデアの発掘や権利化を得意としています。

これまでに、様々なお客様からご依頼を頂いております。

自動車部品メーカ
自動車メーカ
光学製品メーカ

化学メーカ
樹脂素材メーカ
遊技機メーカ
資材メーカ
大学
個人

(敬称略、順不同)

お問い合わせを頂いた時点で費用が発生する事はありません。
電話番号をご記入頂いても電話営業は一切致しませんので、ご安心下さい。
弁理士法により、特許事務所には守秘義務が課せられています。
安心して、お問い合わせください。