商標登録

商標は侵害者がお客様の『信用』に簡単にアクセスしやすい目印。だからこそ、『商標登録』が必要なのです。

お客様の商標は、他社の商品・サービスと区別するための大切な目印です。お客様がご自身の商標を使ってビジネスを始めるときは、情報のリーク等が無い限り、最初から模倣品等のトラブルは起こりません。ですので、お客様は商標権取得の必要性を感じづらいかもしれません。

しかし、お客様のビジネスに便乗しようとする第三者や同業他社は少なからず存在します。第三者や同業他社からお客様の商標を有効に守るためは、『商標登録』を済ませるしかありません。

『商標登録』とは、特許庁に商標登録出願し、審査に合格し、設定の登録を行うことによって商標権を発生させることです。商標権を取得すれば、商標権者は登録商標を日本国内で独占的に使用することができます。つまり、他人の商標の使用を禁止することができます。

私たちは、第三者や同業他社の模倣や便乗使用からお客様の商標を守るために、商標登録をお手伝いいたします。

商標登録の効果は大きく2つあります。

1つは、日本国内で自分の商標を独占的に使用できます。
→自分の商標と同一・類似の商標が他人に使われることで、顧客や売り上げが他人に奪われてしまうことが無くなります。

もう1つは、自分の商標と同一・類似の商標について、他人の使用を禁止できます。
→模倣品や模倣サービスによって自分の商品・サービスの評価・評判が下がってしまうことが無くなります。

商標登録は、とにかく早い者勝ちです。

日本は、同一・類似の商標について、最先の出願人にのみ商標登録を認める制度を採用しています。

誰よりも早く商標を使い始めていたとしても、特許庁に出願申請し、審査に合格し、登録料を支払わなければ、いつまでたっても商標権者にはなれません。

商標登録は陣取り合戦です。

誰よりも先に商標登録を済ませ、ビジネスの拠点を確保することが大事です。

お客様が納得した商標で登録できるように、また、お客様が安心して事業を継続できるように対応いたします。